補聴器の返品など、購入時のトラブルについて。

補聴器の返品や購入時のトラブルについて。
ここ数年は、補聴器販売店での補聴器購入時のトラブルが増えていて、
国民生活センターへの相談が増加しています。

補聴器の購入後のトラブルの一つに、返品のキャンセルがあります。

機種が自分に合わないので返品したいけど、返品期間が過ぎしてしまい、
それがかなわないケースです。お店によっては返品を受けたくないがために、
説明不足だったり、わざと説明さえもしない店舗が存在します。

こういった悪徳な補聴器専門店も存在しますので、購入する側も十分な注意が必要です。

こんな風に騙される

こういったお店は返品を受けないだけでなく、下記のようなトラブルも発生する可能性が
とても大きいので注意です。

①高価な製品のみをすすめる。

(特に軽度、中度の難聴の方は、高価な何十万円もする製品は必要ないです。
私の父が利用する「みみ太郎」は、高くないけどとても良く聞こえるのでオススメです。)

②必要な技術が無い

(良く聞こえるようにするために機械の調整の必要がありますが、そういった技術が
従業員にまったく無い場合があります)

③必要のない補聴器を売ろうとすすめる。

(良く知る知り合いにもいますが、80万円もした機種を購入後に期間をそれほどおかずに、
更に高い製品をすすめてきたそうです。別の店に相談して後で分かりましたが、
必要の無い買い物だったようです)

ここに挙げた以外にも、あの手この手で騙そうとします。
こういった補聴器の販売店は日本全国に存在しています。

だからこそ、購入前には下記のような無料の貸し出しのサービスを利用するべきです。

>>高性能の日本製補聴器「みみ太郎」を無料でレンタルする

コメントを残す